脇の悩みは黒ずみだけじゃない?臭いの問題もあった!?

 

制汗剤を使って
「かゆみ」や「かぶれ」を起こした事はありませんか?

 

女性

 

 

必要以上に汗やニオイを抑えるために、

 

  1. 使用量を多く使ってしまう!
  2. 不衛生な状態のものを使用する!
  3. 肌に合わない強い成分が入ったものを使用する!

 

と言った「間違った使い方」をして、肌に刺激を与えてしまうと
「かゆみ」や「かぶれ」の原因になってしまいます。

 

その肌荒れが、ターンオーバーの乱れとなり、
結果、黒ずみの原因となります。

 

 

 

 

制汗剤を使う前に気を付けるポイント

 

制汗剤の前に、きちんと脇の下を清潔にすることで
制汗剤の量を減らすことができます。

 

 

脇の下は、
ニオイの原因といわれているアポクリン汗腺があり
白く粘り気のある汗が、細菌によって分解しニオイを発生させます。

 

つまり、
脇の下の細菌を減らすには、清潔に保つことが大切。

 

ゴシゴシタオルで洗うのではなく、やさしく泡で洗いしっかりタオルドライ。

 

 

 

保湿が、かなり重要!

 

その後は、化粧水などで保湿しましょう。

 

制汗剤は、使用量を守り必要以上につけ過ぎないこと。
ヒリヒリしたら、当然ですが使用停止!

 

敏感肌でも使用できるものを選ぶと間違いはないかと思います。

 

 

脇の黒ずみケア商品の中には、
ニオイ対策にも働くものが多いので
制汗剤を使わなくていいので安心です。

 

その場合、できればアットベリーのような植物成分配合のもを選ぶと効果的。
天然の殺菌作用が雑菌の繁殖を防いでくれます。
やさしい成分なので、脇の下だけでなく、全身に使えるのも特徴ですよ。